あえてAqoursについて語らない、函館ユニットカーニバルの感想

函館ユニットカーニバル
ライブビューイング二日間参加してきました!

会場内は率直に言って、みんなAqoursがお目当てかな
という雰囲気で

アイも正直に白状しますと、
その時で一番期待していたのは『Awaken the power』と『近未来ハッピーエンド』
ということは否定できないです。

最初のうちは、セイントスノーは前座的な扱いをされていたかもしれません。
(少なくともLV会場はそんな感じでした)

 

ですが、2日目の彼女達は本当に凄かった。。。

開始直後のMCで、聖良役のあさみんは

「1曲目に歌ったDROPOUT!?はアニメでは全部は流れなくて、すぐに音が終わっちゃって…私達もね。そんなぁ!っていう風に思ったんですけど、逆にアレがあったからこそ、今ここで披露できていると思っています。」

と、半分冗談めかして語っていましたけど、

全身全霊心を込めて作り上げた曲
(彼女達が歌う姿を見てアイはそう確信)

それがアニメ本編には、歌声が1秒も流れていなかったという現実。
よくよく考えてみたら、心が折れても可笑しくないですよね。

そして、
なんといっても「Self Control」のパフォーマンスが魂こもってて、あんな激しいラップの曲に泣かされたのは初めてかもしれません。

最初はもしかしたら前座として扱われていたかもしれない…

でも、そんな事は本人達が一番自覚していて
とにかく、一生懸命、全てを出し切ろうとしている2人の姿はアイの胸を強く打ちました

最後は紛れもない主役としてあの場所に立っていたと思います。

 

あと、最後の挨拶で
リア役のひなひなが言った言葉

リハーサル期間中は、みなさんと仲良くなれるのかなって緊張していたし、パフォーマンスもうまくいくかなって思っていたんですけど、こうやって2日間を終えてみて、私には10人のお姉ちゃんが出来た気分でした

これにはもう、みんなもらい泣きしてましたね( ;∀;)

 

リハーサルでもお互いの練習を見てリスペクトしあっていたというAqoursとSAINT Snow

今後もお互いに刺激しあって、ラブライブサンシャインの輝きをさらにシャイニーなものにしてくれたら嬉しいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

公式ツイッター

アイのツイッター

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。