ミューズ ファーストライブ(μ’s First Love Live)の感想

μ’s(中の人)の初めてのライブ映像が収録された
「ミューズ ファーストライブ(μ’s First Love Live)」

いまでこそ、μ’sの声優さん達が実際に踊っているのを見ても普通に感じる人もいるかもしれませんが、このライブを実際に見て、本当にアニメの中のPVのキャラと同じダンスをするμ’sを見て驚いたファンも多いそうです。

そりゃあそうですよね。元々は声優さんとしてオーディションに選ばれたんですから・・・
まさかアニメの中で自分が担当しているキャラの声だけではなく、ダンスまで踊る事になろうとは・・・μ’sのメンバー誰ひとりとして想像してなかったんでしょう。

矢澤ニコ役のそらまる(徳井青空さん)や、海未ちゃん役のみもりん(三森すずこさん)もライブのMCで、ボヤキというか愚痴というか、若干そのあたりの事を吐露してましたし(汗)

ファーストライブ届く

で、アイが思う
「ミューズ ファーストライブ(μ’s First Love Live)」の魅力って

やはりμ’s全員にとってのライブが初の経験
初めての試みだという不安の中一生懸命チャレンジしている姿を見られるという点ではないでしょうか。

オープニングの曲(何を歌ったかは、多分想像つくかとは思いますが)を歌い終わった直後のMCで、μ’sのメンバー全員が超緊張しているのが、リアルタイムで観ていないこちら側まで時間差を生じて伝わってきます。

見ているアイの方がハラハラしていまうというか、思わず「がんばれ~!」って応援したくなっちゃいます。

ライブ中の歌やダンスなど、パフォーマンス自体もちょっと荒削りにとこも感じます。だいたい歴代で踊っている年齢が1番若いハズなのに、1曲で息切れしてたりしますしね。(^^ゞ

一生懸命になりすぎて、ちょっと見てて恥ずかしくなるシーンもあったり・・・
でも逆にそこがとても初々しくていいんですよ。これが!

ファーストライブ開封

でもね。。。
「愛してるばんざーい! 」がこんなに泣ける曲だったとは

とてもイイ曲だとは思ってましたけど
正直、このファーストライブを見るまで『涙腺破壊楽曲』だということ気づきませんでしたよ。


コメントを残す

サブコンテンツ

公式ツイッター

このページの先頭へ